トピックス

共働き家庭におすすめ!部屋干しスペースのある間取り

おはようございます。木津川市・工務店 (株)喜創 Co-fitのインテリアコーディネーター・田中カオルです。
Co-fitとは、あなたのこだわりと個性にフィットする、喜創の新しい家づくりのブランドです。

▶︎Co-fitの配信情報はこちらからご確認ください。

美しいインテリアと主婦目線の暮らしやすい間取りをバランスよくミックスさせるのが私の目指す家づくり。
田中カオルのプロフィールはこちらからご確認ください。

 

インテリアコーディネーター田中カオルがプランニングした間取りはこちら

【間取り】おうち時間を楽しむ空間と広々玄関・土間のある家 

 

「今日は良いお天気ねー」 「ほんとにねー、洗濯物がよく乾いて助かるわぁ」

毎日の洗濯物は、いつだってからっと乾かしたいもの。 でも、洗濯日和ばかりではありません。 特にこの時期は、お天気が悪かったり、寒くなったり、晴れていても乾きにくい日が続いたり……。 家づくりにおいて部屋干しを想定しておくのは、とても大事なことではないでしょうか。
特に共働き家庭にとっては、なおのことですね。
今回は、その「部屋干し」について考察してみます。

部屋干しスペースはあって困らない?!

私が日頃、共働きのお客様と接していて感じるのは、洗濯物の部屋干し対策が必要不可欠になってきたなということです。

基本的には「外に干したいけれど、急な天候の変化に対応するのが難しい」、「お弁当作りや身支度など用事が重なる朝に、洗濯物を干す時間がとれない」という方が多くなってきました。

対策としては、大きく以下の2パターンです。

①家の中に干して出かける

②乾燥機で人工的に乾かす(乾燥機特有のあの匂いが気になるというご意見も少なからずあります)

 

ただ、①の場合は、どこに干すのかという問題が発生してきます。
室内干し専用の部屋を設けるか?他の部屋と兼用のスペースにするか?
間取りを決定するのに大きく影響するのがこの問題です。

 

専用の部屋

私は敷地面積と予算に余裕があれば、部屋干し専用の部屋を設けるのが理想的だと思います。
なぜなら、耐水性のある床材を選んでおけば、水がポタポタ落ちても気にならないし、部屋の用途が広がります。
洗濯物を24時間そのままにでき、部屋を閉め切って衣類乾燥除湿機を使えば一気に乾かせるのは、やはり家事の時短にとって大きなメリットです。
こちらは専用の部屋を設けた間取りの一例です。

洗面脱衣室(洗濯室)に隣接した物干し部屋、そこからテラスにつなげると、休日の晴れた日は外干ししやすく、テラスに面しているLDに隣接して物干し部屋を設けると、子どもの様子を見ながら家事ができます。

この間取りの考え方はリノベーションにも応用できます。物干し部屋の代わりに庭にサンルームを増設したり、すぐに使わない子ども部屋などを物干し部屋として使う方法もあります。

 

他の部屋と兼用

専用の部屋を設けるのが理想的だというものの、昨今の住宅事情を考えると兼用も致し方ないのかもしれません。もし、兼用にするならどこの部屋に干したとしても美観が損なわれるということはいうまでもありませんが、どんなことに注意が必要かおさえておきましょう。

①土間と兼用・・・最近、広めの土間を玄関に隣接させる間取りが多くなってきましたが、通気・換気が必要です。

②浴室・洗面脱衣室と兼用・・・天井に物干し金物を設置することが多いですが、スペースが足りないかもしれません。

③吹抜け廊下と兼用・・・十分な奥行きがないと生活動線の邪魔になります。

④LDと兼用・・・LDの冷暖房がそのまま洗濯物に行き届くので効率的に乾かせますが、部屋の美観が損なわれるのが気になりますね。

 

部屋干し用金物

専用の部屋を設けるのか部屋を兼用にするのかに関わらず、物干し竿は天井から吊るすのが一般的だということは、みなさんご存じでしょうか。色々な商品が販売されていますが、今回は4つのタイプをご紹介します。

比較的見た目がスッキリしていて、使わないときは外すこともできる。壁に下地がなくても取り付け可能。ナスタ

 

使っていない時は出っ張りがなくフラットになるタイプ。使う時だけくるくる回して降ろす。専門業者による取り付けが必須。新築・リフォーム向け。川口技研

 

使っていないときも丸見えだがスタイリッシュなデザインで部屋の美観を損なわない。専門業者の取り付けが必須。森田アルミ工業

 

窓枠の内側につっぱり棒を立てるだけでお手軽ですが、窓を開けない冬期は結露しやすいので注意が必要。ディノス (販売元)

いずれも2~3万円前後で販売されていて、わざわざ施工業者に頼まなくても設置できる金物も増えてきました。

まとめ

物干し専用の部屋を設けてまで家事の時短や部屋の美観を優先するのか迷うところですが、もうひとつメリットがあります。
毎日、一気に洗濯して一気に乾かすと、時間に余裕ができるので他のことに時間を有効活用でき、心に余裕が生まれます。
毎日の家事が楽になり、暮らしの質を向上させることができるのだったら検討する価値ありではないでしょうか。
新築・リフォームをお考えの際はいつでもご相談くださいね。
今日もよい一日をお過ごしください。 


京都府木津川市・奈良市で展開!ママの声を形にする住宅会社“らく住む”

喜創の新しい家づくりブランド「らく住む」が誕生しました。
5,000件以上の実績を誇る、女性インテリアコーディネーターと進める家づくりを是非ご体験ください。
木津川市・奈良市周辺エリアの方は、モデルハウス見学会へ是非一度ご参加ください!

イベント情報

『新築を探しているけど、お金が…』
『間取りについて、強いこだわりがある』
『住宅会社・工務店を何社も周った結果、何で決めたらいいかわからない』

という方は、是非一度「らく住む」モデルルームへご来場ください。
建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。
是非、らく住むの新築モデルハウスを一度ご覧ください!


らく住む
https://rakusumu.net/

モデルルーム見学会
https://rakusumu.net/event/

お問い合わせ

関連する記事

COPYRIGHTING ©株式会社喜創 ALL RIGHTS RESERVED.

0120-833-838
9:00~18:00(定休日:水曜日)