トピックス

家づくり

新築を夢見る方必見!注文住宅と建売住宅の違いを理解しよう

注文住宅と建売住宅

注文住宅と建売住宅は全く違う物と理解する

新築を夢見て購入を検討している場合は、注文住宅と建売住宅は全く違う物と理解する事が大切です。注文住宅は一般的に、建築事務所や工務店、ビルダーやハウスメーカーに設計から工事までを依頼する家造りと認識されています。

建築基準法の条件は存在するものの、間取りや内外装に住宅設備と、自由度の高い家造りを楽しめるのが特徴です。割と好みに合わせる事ができますし、家族構成やライフスタイルに沿って柔軟に構成が決められます。 しかし、ハウスメーカーなどが提供する規格化されている住宅は、選択肢や選択の幅に制限がつく事が少なくないです。

ただコストを抑える余地があったり、逆にグレードを引き上げて理想の住宅を手に入れられるのは、注文住宅ならではの強み。こだわりを形にする家造りの方法なので、打ち合わせに時間がかかりますし、回数を重ねる必要が出てくるでしょう。 非常に体力を要しますから、土地がない場合は土地探しを含めて、時間と労力の消費を覚悟が問われます。

どちらが向いているかをしっかりと調べる

住宅の設計における自由度を始めとして、かかる費用や入居に至るまでの期間が異なりますから、どちらが向いているかをしっかりと調べる必要があります。

まず、建売住宅はどういった物かも知っておく必要があります。 建売住宅は、土地と既にセットで販売されている住宅を指すことが大半。商品がパッケージになっているので、購入から入居までの期間が短く、比較的早く住み始められるのが魅力です。 分類的には新築分譲住宅ですから、住み良い土地が厳選されていたり、同じデザインの住宅が立ち並ぶ代わりに、割安で購入できるチャンスがあります。

住宅が完成済みか、販売を開始してから建築が始まるかは商品によりますが、いずれにしても設計は終わっていることがほとんどです。 設計が完了している住宅を購入するのが建売ですから、こだわりを盛り込める余地は少なく、自由度は注文住宅と比べて相対的に低くなります。 外観部分のデザインは特に、他の住宅と揃える必要があるので、手を加えられる部分は殆どないといえるでしょう。

内装だとある程度は融通が利くでしょうが、注文住宅と比べれば別物です。それともう1つ、建築段階のプロセスが間近で確認できない可能性があります。

注文住宅は設計から入るので、建築の作業内容を現場に足を運び、自分の目で確かめる事ができます。 完成済みを販売する建売住宅は、出来上がっている住宅を選んで購入するので、メリットとデメリットを把握したり、注文住宅と建売住宅の違いを知る事が不可欠です。

注文住宅

注文住宅は、打ち合わせで希望を設計に盛り込み、予算と擦り合わせて完成を目指す事になります。

どうしても完成までに時間がかかる

最大のネックは、完成までに時間がかかること。契約に至るだけでも1ヶ月以上数ヶ月を要する事があります。ほぼ何もない状態から完成予想のイメージを固め、設計を詰めていくわけですから、時間を要するのは当然です。 予算が限られていると選択肢が狭まりますし、その一方でこだわりを妥協したくないという気持ちが強まりがちです。

つまり、スムーズに住宅設計が進まなくなる事もありますが、理想の家を建てたい方にはオススメ。 設計が終わってから建築に進むので、この設計段階の期間が完成までの期間に加わります。しかも土地探しを必要とするケースもあるので、理想の土地が見つからなければ更に時間がかかります。

理想の家を建てたい方にはオススメ

それでも、理想の家を建てたい方にはオススメなのは間違いなく、取捨選択で費用を抑える事もできます。

完成までに時間がかかる点に納得できれば、注文住宅は希望に応えてくれる、ベストな住宅購入方法となるでしょう。予算には余裕が必要で、予算が少なければ制限は大きくなりますが、優先順位を決めて取捨選択していけば大丈夫です。 取捨選択の段階には、グレードを下げて費用を抑える余地がありますから、前向きに捉えれば妥協も悪くないといえます。むしろ、そういうところも1つずつ自分で決めていけるのが、建売住宅にはない注文住宅の良さです。

フルオーダーとセミオーダー

注文住宅と一口にいっても、実はフルオーダーとセミオーダーに分けられます。

前者のフルオーダーは、文字通り注文全般を自分で決めていく住宅の購入方法です。間取りや設備の選択だけでなく、木材から窓枠のデザインに至るまで、とにかく多くの項目を自分で選ぶ事になります。

面倒だからと他人任せにはできませんから、覚悟を決めて選択したり取り組む必要があるでしょう。 それなりの建築知識が求められますし、後悔しないようにイメージを膨らませ、予算に収まるように住宅を設計する事が欠かせないです。他の住宅購入で得られない自由度に魅力を感じるのであれば、フルオーダーの注文住宅は理想的な買い物になるはずです。話が通じる相手、希望を汲み取ってくれるパートナーを選ぶ事になりますが、良い話し相手が見つかればフルオーダーは苦労よりも楽しさが増します。

フルオーダーは時間と手間がかかり過ぎる、そう感じる場合は後者のセミオーダーが狙い目です。

セミオーダーは予め住宅設備が決められていて、詳細な選択や仕上げを自分で選ぶ方法のこと。 選択肢が用意されているので、その中から選んで決めていくイメージです。色も候補の中から選ぶ感じですから、絵の具を選んで色を混ぜて決めるよりも、パターンの中から選択できるので楽です。 ただ、注文住宅は自由度の高さが強みなので、選択肢を狭めてしまうと建売住宅との差がなくなります。

自由度を保ちつつ無理なく選んで決める、このバランスこそが注文住宅の理想的な形です。

取捨選択で費用を抑える事も

フルオーダーは相応の資金と、打ち合わせの時間が必要になりますから、理想の家を建てたい方にはオススメですが、余裕がある事もオススメ条件に加えられます。取捨選択で費用を抑える事もできますが、予算を削り過ぎたり費用をケチってしまうと、折角の自由が台無しになるので要注意です。

予算を決めて、住宅設備や内装の希望に優先順位をつけると、かなり住宅が設計しやすくなりますが、どうしても完成までに時間がかかるので、早く住宅を購入したり入居したい人には不向き。一方、じっくりと決めたい人には好都合です。誰にとっても家は高額な買い物ですから、妥協なく選びたいと思うのが普通ですし、そう考えると注文住宅が理想に見えてきます。

建売住宅

建売住宅は設計、あるいは建築まで完了している商品を購入するものです。

土地選びも済んでいますから、住宅購入を検討する人は立地を選び、エリアを絞り込んで理想の住宅を探す事ができます。 良い土地だと思ったら価格が高くて買えない、といった状況に至らないのもメリットの1つです。

ある程度完成された商品を購入するので、自由度を比べれば注文住宅より劣りますが、近年は床材などを変更できる建売住宅もあることから、建売住宅との差は縮まりつつあります。

オリジナリティーを持てない

オリジナリティーを持てないのは建売住宅最大のデメリットですが、完成済みの商品を買える安心感は得られます。

いわゆる1点ものに目がない人や、他人と違うものを求める人なら、建売住宅よりも注文住宅が性格に合うでしょう。 反対に、住宅にオリジナリティーではなく安定性、他人が選ぶものと同じ安心感を得たいのであれば、建売住宅は期待に応えてくれます。何より同じ設計の住宅が複数棟販売されるので、設計にかかる費用が節約できたり、資材のまとめ買いによるスケールメリットが発揮されます。

このように、費用面のメリットは注文住宅を上回りますから、費用を抑えたい方にオススメなのは間違いないです。 デザイン料も同様ですし、共通部材が既に選択されているので、自分で選ぶ手間を省ける点が大きな魅力的。土地もまとめ買いで安く仕入れられていますから、住宅価格も安く予算が限られていても買いやすいです。 ただし、安さは自由度の低さ、オリジナリティーを持てないデメリットの裏返しなので、そこはトレードオフだと理解する必要があるでしょう。

融通が利かないので妥協点や不満点は少なからず残りますし、後々リフォームしたくなってくる部分が出てきます。リフォームはその時になったら考えれば良いですが、改築までの間は妥協して住み続ける事になります。

床材などを変更できる建売住宅もある

床材などを変更できる建売住宅もあるので、目に見える部分は好みに合わせられますが、根本的な設計そのものは手を加えるのが不可能です。

基本設計の良し悪しが住宅の満足感に関わりますから、より良い設計の建売住宅を選定する事が求められます。 土地に合わせて設計している部分も少なくないので、間取りに違和感を覚えたり、無理に押し込んでいる感覚を覚える事もあります。

予め隙間なくはまるよう設計されたパズルのように、各設備が気持ち良くはまるのではなく、何処か重なっていたり気になる隙間が目につくものです。

それは建売住宅の性格上、仕方がない部分だといえますから、納得したり妥協する事が必要でしょう。 設計にある程度の自由度が欲しい、でも床材や内装材と色が選べる程度で良いなら、建売住宅でも十分に満足できる可能性が高いです。

費用を抑えたい方にオススメ

理想を追求するには限界がありますし、オリジナリティーあふれる一章ものの住宅購入には不向きかもしれません。ところが、費用を抑えて予算を少なくできたり、それなりの満足度が得られるのは確かです。選定と契約から入居までの日数は短く、完成済みの住宅なら最短1ヶ月ほどで入居が実現することもあり、このスピード感は注文住宅には真似できません。 1から設計する注文住宅とは、根本的に愛着の湧くポイントは異なりますが、自分で選び購入や入居を決める点は共通です。

手元に土地がなくて入居に時間をかけたくない、設計やデザインセンスに自信がなくて完成品を購入したいなら断然、建売住宅です。建売住宅の購入は分譲住宅の購入を意味するので、自動的に分譲住宅のコミュニティに加わる事になります。コミュニティを苦手とする人には向きませんが、新たなコミュニティ形成に興味や魅力を感じるのであれば、建売住宅をオススメしない理由はないです。

まとめ

新築住宅はこのように、間取り等こだわりが多くなるなら注文住宅、費用を少しでも抑えたいなら建売住宅と、何を重視するかが分かれ道となります。

間取り等こだわりが多くなるなら注文住宅

注文住宅はあれこれと注文をつけられますから、納得するまで話し合って、希望を形にする事ができます。日当たりや使い勝手を考えて間取りを設計したり、間取りに合うように設備の配置が可能です。既に土地を持っていて理想の家を建てたい、そういう人にも注文住宅は適しているといえるでしょう。

時間や手間がかかっても良い、お金に糸目をつけないというのならば、建売住宅を検討する理由はありません。 外観を好みに合わせてデザインできますし、建売住宅のような制限はないので、自由度の高い住宅設計が楽しめます。デザインといっても形状や色だけでなく、素材の選定や組み合わせも自由ですし、機能性を考えて素材選びをする事も可能。 色はパターンではなく絵の具を混ぜ合わせる感じで、自分好みの色を追求可能となります。また、家造りでパートナーに選びたいハウスメーカーや設計事務所が決まっている場合も、注文住宅が狙い目になるはずです。 工法の希望にも注文住宅なら応えられますから、こだわりを盛り込み形にしたい人の為にある住宅購入方法でしょう。

費用を少しでも抑えたいなら建売住宅

間取りやこだわりよりも、費用を少しでも抑えたいなら建売住宅一択です。建売住宅は完成品を購入するもので、大量生産品に通じるコストダウンの強みを持ちます。

土地を含めた価格なのでお得感がありますし、自分で土地を探したり選ばずに済むのが楽です。足を使って土地探しをするとなると、時間や労力だけでなくお金がかかります。普段仕事をしている人だと、貴重な休日を使って土地探しをする事になりますから、すんなりと決まらないと大変です。 時間をかければその分費用が増しますから、結果的に建売住宅の方が安くつくという事もあり得るでしょう。

費用を少しでも抑えたいなら建売住宅、これは疑う余地のない事実なので、予算の節約を再重視するなら迷う必要はないです。建売住宅でも、近年は仕上げの部分が選べたり、自分好みにカスタマイズできる商品が出てきています。間取りは設計で決まってしまっているので、例えば欲しい家具などの設備がジャストフィットするかは微妙です。

それでも工夫の余地があったり、住めば家を上手に使えるようになったり、愛着が湧いて欠点も魅力的に見えるのが住宅というもの。建売住宅は自由度こそ注文住宅に負けますが、元々の価格の安さや費用を節約できる部分に関しては、こちらの方に軍配があがります。 注文住宅と建売住宅は、似ているようで根本的に性格や方向性が異なりますから、改めて違いの理解が必要です。

関連する記事

COPYRIGHTING ©株式会社喜創 ALL RIGHTS RESERVED.

0120-833-838
9:00~18:00(定休日:水曜日)