トピックス

家づくり

建築条件付き土地」って何??契約の流れからメリットデメリットまでまるっと解説!

「建築条件付き土地」って何??

建築条件付き土地とは?

文字通り建築に条件が付いている土地のことで、条件なしと比べて自由度が制限されるのが特徴です。

条件の内容は契約によって様々ですが、例えば建築の期間や建物の種類、建築会社が指定されることもあります。

建築会社に関連する企業が土地を販売する場合は、その関連会社を建築に指定するケースが多くあります。条件なしの土地であっても、完全な自由や無制限はないですから、正確にいえば建築条件付き土地は制限の度合いが少々強い土地となります。建築条件付き土地同士でも具体的な内容は異なりますし、制限が許容できても特定の条件には納得できないケースもあるでしょう。

大切なのは何処に比重を置いたり重視するかで、優先順位やニーズにマッチするかどうかです。購入の検討を進める上でのポイントは、条件付きというだけでも、デメリットに感じる人は少なくないですから、建築条件付き土地の特徴や制限を理解して、1つでも魅力があると感じたら比較検討に入ることです。

こんな人が向いてる

少しでも土地や建物を安く購入したい、または家にあまりこだわりのない人が挙げられます。

条件が付く代わりに、価格が安く提供されるケースが多いので、予算が限られていたり節約志向の人に向いています。

間取りは割と自由に決めることが多いので、条件に納得できれば不自由には感じないはずです。通常の注文住宅と比べれば流石に自由度は下がりますが、価格面に魅力が感じられれば総合的に満足の買い物になるでしょう。

「建築条件付き土地」のメリットデメリット

メリット

土地が安く購入できる可能性で、条件なしの土地よりも総合的に安く建物を建てられることです。

どの程度安くなるかは土地によりますが、土地と建物を合わせて利益が出れば良いと考える企業だと、土地を割安で提供することが少なくないです。建築会社は指定されることが多いですが、オリジナリティが取り入れられる内装を自由に決めることができたりします。 凝った部材の選択は難しかったりしますが、間取りに限ればかなり好きなように決められるケースが多いです。

また、たいていその土地に建てられる参考例などがあり、イメージができないひとでも具体的な固めつつ計画を建てれるメリットがあります。

デメリット

デメリットは、契約条件が予め決められていたり、複数の条件にしばられることでしょう。

建築会社の指定はよくある条件の1つで、他の会社に変えることはまず不可能ですから、ハウスメーカーや工務店などに拘りがある人には不向きです。しかも、建築までの期間が決められていたりするので、打ち合わせや設計に使える時間が限られます。 条件に指定される期間で特に多いのは3ヶ月ですから、余裕なく急いで話をまとめる必要があります。

案外見落としがちですが、建築条件付き土地は建物を建てることを前提に契約を結ぶものです。 安く買えるからと土地だけ購入したり、土地を手にしていつまでも建物を建てないといったことはできないです。

いずれにしても、条件を満たさなければ契約は無効になるので、その点をデメリットとして理解することが重要です。 期間に制限が掛かるので、あまり話し合いの時間はないですが、限られた期間の中でも希望を盛り込むことはできます。メリットとデメリットを天秤に掛けて、メリットが上回れば購入検討の余地があるということです。

「建築条件付き土地」を契約する前に!

「建築条件付き土地」の条件って?

土地売主が指定する建築会社と、一定期間の内に建物を建てるのが基本条件です。

指定される建築会社は土地を販売するグループ企業の場合が多く、一定期間には3ヶ月が設定されるケースが殆どです。 条件は土地の売主が決めるもので、最初から定められていますから、これを変更したり見直してもらうのは困難です。一方的に条件を変えることはできませんし、条件を破って無視するのも非現実的でしょう。 契約の後で条件の見落としがあると、契約が無効になる恐れが強まりますから、契約前に隅から隅まで確認することが大事です。

建築条件付き土地は、指定される条件に納得してから購入するものなので、その条件の確認に見落としがあると困ります。 売るかどうか決めるのは売主ですから、納得できないといえば断られますし、話し合って条件を変更する道理もありません。 契約内容に関して、購入する側の希望が通ることはまずないですから、条件に不満を覚えたら諦めるのが無難です。

「建築条件付き土地」を契約する時の大まかな流れ

土地売買に関する契約を済ませ、建物についての話し合いを進めて建築の成約となります。

建築条件付き土地の購入のサインをしただけでは、購入者に土地の所有権は移らないので、建築の請負契約まで進めることが必要です。 注意点にもありますが、土地売買の段階で建物の契約はできません。セットでまとめて書類にサインを求める売主には要注意です。建物に関するサインは、話し合いを詰めてから行うものなので、同日にサインをするというのはあり得ないこと。通常の流れで建物の建築が決まらなくても、その時は契約が白紙になるだけなので心配無用です。お金の負担は必要ありませんし、ペナルティが課せられることもないのですから、建築条件付き土地の購入を決めた後でも納得に至らなければ、話はそこで終わりになります。

逆に、話し合いがまとまり建築内容が決まった場合は、いよいよ建物部分の建築に入ります。この段階になればキャンセルできませんが、土地の所有権が手に入ることも確定なので、ようやく土地と建物が自らのものとなります。 当然ですが、建築条件付き土地の購入も一般的な建売と同様に、施工管理やアフターサービスがしっかりしていることが重要です。

土地の条件だけでなく、建物の品質に関しても漏れなく確認した上で、購入を決めたりサインを行いたいものです。

「建築条件付き土地を」選ぶ際の注意点

選ぶ際の注意点は、購入者が売主の提示する条件に従い、納得して契約を結ぶ必要があることです。

契約上の都合ではありますが、土地の売買と建物の請負契約を同日に行うことは違法です。 これは契約の解除を防ぐ為に行われる不正なので、契約書にサインをする時は、日付が記入されているか注意して確認しましょう。 更にいえば、契約について不正を行う心配がない、販売者を選ぶこともまた重要だといえます。契約内容は相手によるものの、自由度が低下するのは間違いありませんから、内容を精査するつもりで文言に目を通すのが原則です。 購入者に不利な条件が設定されていることもあり得るので、どういった条件で購入するのか、それを完全に把握することが求められます。見落としがあっても売主の責任ではないですから、責任を追及されないよう隙を作らない心構えが肝心です。 プランが選べても選択肢が限られると、自由なようで自由ではありませんから、間取り自由といった文言に惑わされないように気を付けましょう。 自由といわれれば具体的に何処まで自由なのか、確認で明確にしたり納得することがサインをする前の大前提です。

契約できなかった時はどうなるの?

売買契約が成立しないので、土地の購入はできませんし、土地が手に入らないので建物を建てることも不可能になります。

契約の段階で条件のミスマッチが発覚すれば、その時点で売買はできないことが分かります。 契約書にサインした後でも、条件に合わない部分が見つかれば、契約は無効になって白紙化します。 具体的には、予算が合わずに建物が建てられなかったり、見積もりの金額に納得できない場合などです。 売主指定の建築会社と契約を結ばないケースも、契約が無効になるので土地の売買は不成立となります。 指定の期間中に話し合いが上手くいかず、期間を過ぎてしまった場合も同様です。手付金を支払っているなら、支払った分が手元に戻ってくるので安心です。 違約金は請求されませんし、損害金が発生する恐れもありません。 ただし、契約や話し合いなどで費やした時間は戻ってこないので、時間を無駄にしない為にも事前の確認が大切です。

まとめ

しっかり確認してから契約しよう

購入に条件がある建築条件付き土地は、しっかり確認してから契約しようというのが基本です。 売主が条件を決め、それに購入者が従う内容ですから、メリットとデメリットをチェックしたり、天秤に掛けることも必要です。

建築条件付きの土地には、建築会社が選べなかったり、建築までの期間の制限があります。建物は特殊な仕様にできないので、拘りを取り入れたい場合には向かないでしょう。 相手の一方的な都合で買わされない為にも、条件を十分に確認してから契約を決めるのが賢明です。

関連する記事

COPYRIGHTING ©株式会社喜創 ALL RIGHTS RESERVED.

0120-833-838
9:00~18:00(定休日:水曜日)