トピックス

家づくり

失敗しない店舗施工とは?業者の選び方から内装・外装のポイントを一挙公開!

業者選びは時間をかけて調べよう

店舗施工を行う際には、様々なポイントを意識して行うことが重要となります。
外観は遠くから見ても一目で何をする店舗であるかをわかりやすく、またお客様が気軽に入ることができる雰囲気を醸し出すことも重要となってきます。

しかしこれらの要素を自分自身で全て決めるのは非常に難しいものであり、また施工業者にも様々な力量があるので、自分の希望を全て実現することができる業者ばかりではありません。
このことを十分に認識した上で、自分の希望を実現することができるばかりでなく、店舗の機能を十分に果たすことができる内装と外装を実現することができる業者を選ぶことが店舗施工を成功させる重要な要素となります。

内装と外装で業者を分けるかを決める

業者選びを行う際には、これらのポイントを自分なりに分析した上で、最適な方法を考えなければなりませんが、その中でもポイントとなるのは、内装と外装で業者を分けるかを決めることです。
一般的には内装と外装を同じ業者で行った方が、費用面では安くなる可能性は高くなります。
しかし両方を行う業者の場合には全体のバランスにとらわれて細かなところまでそのアイディアが行き届かないと言うことも多いので注意が必要です。

また必ずしも費用が安くなるケースばかりではなく、逆に全体のイメージを作るといった作業が発生することもあるため、その費用が割高となってしまうことも多いので注意が必要でしょう。
そのため、業者を選ぶ際にはどちらかを決めずに様々なところから見積りを取り、これらを比較して選ぶことも良い方法です。

店舗施工に特化した業者も調べよう

一般的な住宅の施工と店舗施工は似ているようで違う箇所が多いので、店舗施工に特化した業者を探す事も理想の店舗に近づける一つの手といえます。
店舗施工に特化した業者であれば、今までの経験から設備の取捨選択の提案をしてくれたりしますので、不要な設備等に費用をかける心配がありません。
しかしそういった提案をしてくれる業者ばかりというわけでもないので、あくまで一つの選択肢として考えておいたほうが良いでしょう。

費用だけで決めては失敗の元

一般的には価格が安い業者にはそれなりの理由があり、中には粗悪な材料を利用してコストを下げていると言う例も少なくありません。
そのため、費用だけで決めては失敗の元となることも多いので、総合的に検討して決めることが必要となります。
見積りを取る場合には単に施工費用だけでなく、使用する材料の耐久性や様々な保証なども十分に考慮し、総合的に比較することが重要です。

悪徳業者に注意

業者の中には、非常に価格が安かったり、納期が短いといったメリットのある条件を提示するところもありますが、その中には悪徳業者も存在しているので注意をすることが大切です。
悪徳業者の場合には法律で定められた様々な施工方法を遵守していなかったり、粗悪な材料を使用しているにもかかわらず耐用年数を偽ったりすることも多いので十分にチェックをすることが大切になります。

このような悪徳業者の場合には見積りを取った場合でもその内容が不明瞭であることが多いので、疑問を感じたら細かなところまで質問をすることが必要です。
また良心的な業者の場合には細かな施行令や具体的な材料の品名なども丁寧に説明してくれます。
しかし悪徳業者の場合にはこのような説明をせずにごまかすことも多いので、このような悪徳業者に注意をすることも良い成功を実現する重要なポイントとなっています。

様々な業者をじっくりと検討し、時間をかけて選ぶことが大切なポイントとなるほか、様々な角度から業者を分析し、その内容にこだわらずに総合的に良い作業を行ってくれるところを選ぶのが効果的な方法です。

内装のポイント

店舗の内装のポイントは、その店舗に求められる機能を出来る限り効果的に実現する要素を持たせることにあります。

  喜創は、奈良市のパン屋さん「bakery+ arinomamma」の内装を担当しました。
  施工例はこちら!

作業効率・経営効率を考えたレイアウト

店舗の中で従業員が様々な業務を行うことにもなるため、その作業効率・経営効率を考えたレイアウトとすることが非常に重要となります。
見た目には美しい内装であっても、作業をする際にその使い勝手が悪いスペースでは効率が悪くスムーズに作業を行うことができません。

そのため従業員に無用な精神的ストレスがかかってしまい、作業自体の品質が低下すると言うことも多いので注意をすることが必要です。
従って、単にデザイン面だけでなくその使い勝手も十分に考慮し、レイアウトを決めることが重要となります。

視覚で楽しめるレイアウト

また店舗の場合には、お客様がその内装を見て持つイメージを重視しなければなりません。
店舗の目的によっても異なりますが、商品を陳列する場合には見やすいものであるとともに、レイアウトを全体が見て楽しめるものとなっていることが重要です。

内装工事を行う場合には視覚で楽しめるレイアウトを意識することも重要な要素となります。
一般的にお客様が初めて店舗を選ぶ際には、店舗の外観をチェックするとともにそこから見える中の様子もチェックすることが多いのが特徴です。
外から中が見えないような場合には非常に暗いイメージを持ち、あまり近寄りたくないと言う印象を持つことも少なくありません。
外から見えるイメージも内装を考える際には十分に意識をすることが必要です。

  喜創は、奈良市のパン屋さん「bakery+ arinomamma」のインテリアも担当しました。
  施工例はこちら!

競合店と差別化を図ろう

店舗の場合には競合店との違いを十分に意識することも大切です。
同じような商品を扱っている店舗が近くにある場合には、その店舗との違いを十分に押し出すことが必要で、その個性の中に利用のしやすさを訴えることが重要です。
ただし競合店と差別化を図ろうと考えた場合には奇抜なデザインを採用したいと考えることも多いのですが、そのような形にすると逆効果となることもあります。

しっかりと取り扱っている商品やサービスの内容を内装でもアピールすることができるようなレイアウトを実現することも良い方法となっています。
そのために非常に重要なポイントは、その店舗で作業をする従業員の様子が顧客からわかるようにすることや、この従業員が作業を行う際に効率よく作業を行っている様子を見せることにあります。
そのためにも店舗の内装は作業効率や経営効率を意識して動きやすいスペースとするばかりでなく、何を販売しているのかを目で見て確認し、楽しむことができる内装とすることが競合との差別化を図る大切なポイントです。

外装のポイント

店舗の外装を決める際には、お店のコンセプトを伝えるデザインとすることが非常に重要なポイントとなります。
店舗の外装は最も効果的な広告宣伝でもあるため、そのデザインを効果的に利用して業種がわかりやすい外装にすることが大切です。
さらに、違和感がないように外装に合う看板作成を行うこともポイントとなっています。

業種がわかりやすい外装に

店舗の外装はそれぞれ業種によって特長があるため、基本的にはその特長を生かすことが非常に重要なポイントとなります。
これは店舗の外観が業種によって共通の要素があるために顧客にとっては非常にわかりやすいものとなっているため、そのイメージを崩すと奇抜ではあっても顧客に受け入れられないと言うリスクを伴うことになるのです。
外装のポイントは一目で顧客に何を取り扱っているかがわかるようにするために重要な要素であることから、これまで培われてきた様々な業種の特徴を明確にし、これを表現することが最も大切な要素となっているのです。

特に最近では店舗を探す際にその外観でチェックをすると言う人も増えており、奇抜な発想のもとで非常に手の込んだ外観を実現した場合でも、これが利用者の目に留まらなければあまり意味がありません。
初めて利用する場合には自分の目的から選ぶことが多く、遠くからでもわかりやすいようにするためには顧客が持つイメージを損ねないような形で外装を選ぶのが非常に重要なポイントとなっています。
逆にこれを逸脱してしまうとデザインは非常に美しいものであっても、何を扱っているかがわからずお客様が訪れないと言うことが多いので注意をしなければなりません。

お店のコンセプトを伝える

ただしその中で同じ業種の他社と似たようなデザインにしてしまうと逆に目立たないことから、様々な細かな点で工夫をしお客様に良い印象を与えるようにすることが重要となってきます。
そのバランスを両立することが実は非常に難しく、さらに内装のイメージと統一感を持ったものをデザインするためには豊富な経験と知識が必要になる場合が少なくありません。
そのため、このような経験の豊富な業者を見つけることも失敗しない重要な要素となっています。

外装に合う看板作成を

最近ではデジタルサイネージに代表される情報量の豊富な広告宣伝媒体も非常に増えてきています。
その技術を駆使してわかりやすく表現をしたいと言う人も多くなっていますが、店舗には看板も非常に重要な要素となっています。
そのため一目でわかるわかりやすい看板を用意することが重要であり、また集客効果を高める上でも重要な要素となるものです。

デジタルサイネージの場合にはその情報量が多いのが特徴ですが、店舗によってはじっくりと見ることをせずに通りすぎてしまうといった顧客が多い場合も少なくありません。
このような顧客を引き止めるためには外装に合う看板の設置も重要なポイントとなっています。
シンプルな看板が最も適切に情報を伝達することができる場合もあるります。
そのイメージを十分に生かした看板を設置することが、最終的にはその効果を最大限に生かす方法と考えられる場合もあるのです。

まとめ

失敗しない店舗施工を行うためには、自分のコンセプトをしっかりと持つことが最も重要な要素となります。
その上でこれを実現することができる業者を選ぶことが重要で、実際には様々な提案を依頼するのも良い方法です。

じっくりと時間をかけて業者を選ぶことが重要であり、また金額にとらわれずに自分の目的とする店舗に近づけるように努力をすることも必要となります。
これらの要素を十分に踏まえた上で店舗の内装工事や外装工事を依頼する業者を見つけることが重要であり、さらに長期間効果的な活動を行うことができる要素となります。
様々な費用を削減するばかりではなく、集客効果を高めるとともに業務効率を上げてより多くの顧客を獲得することができるようにするのも店舗の目的のひとつ。
これを実現することが出来るように業者選びからじっくりと時間をかけることが大切です。

  店舗の施工についてのお問い合わせはこちらへ!

お問い合わせ

関連する記事

COPYRIGHTING ©株式会社喜創 ALL RIGHTS RESERVED.

0120-833-838
9:00~18:00(定休日:水曜日)