トピックス

家づくり

リフォームローンの審査基準とは?しっかり理解して審査落ちを防ごう!

リフォームローンの審査基準

住宅リフォームでローンを利用するには、審査を受けて基準にマッチすることが必要です。 リフォームローンにおける審査基準は、年齢や返済負担率、勤務先や年収に他社での借入状況があります。

年齢

年齢は特に注目度の高い審査基準で、必ずといって良いほど確認される項目です。 ローンの返済にはある程度の期間を要しますから、返済完了の逆算に役立つ借入開始時の年齢は重要です。 当然ですが若ければ若いほど有利ですし、将来的に年収が増える可能性もあるので、リフォームローンの利用を検討するなら早めが良いでしょう。 年齢は審査を受ける上で強い武器になりますから、若さを活かして審査を受けたいところ。 何故若さが武器になるかといえば、それは完済実現の可能性が高く、貸し手に安心感や信頼が与えられるからです。 年齢と同様に、健康も審査において評価されやすい傾向ですから、健康状態に問題や不安がない人も有利でしょう。 持病を抱えている人だと、やはり仕事を休んだり入院することが想定されるので、健康もリフォームローン審査で無視できないポイントです。 年齢が高くなるにつれて、病気をする可能性は上がりますから、そういう意味でも年齢と健康は審査基準の大事な要素です。

返済負担率

返済負担率とは、年収に対する年間の返済額の割合のことで、この審査では収入の大小ではなく毎月の負担が評価されます。 収入自体に問題がなく安定している人でも、返済額が大きくなれば滞納のリスクは上がりますから、金融機関は返済負担率も見て融資の可否を判断するわけです。 収入が平均よりも多くて返済に自信を持っていても、返済負担率が高くリスクがある人と判断されれば、リフォームローンを利用することは難しくなります。 審査基準に返済負担率を設けている金融機関は、全体の約90%にもなるとされています。 つまり、この項目の審査を回避することはほぼ不可能ですから、平均的な数字を目安として、予め返済負担率を確認しておくのが得策です。 抵当権の設定がある住宅ローンだと、返済負担率が30~40%くらいなら融資を受けられる可能性があります。 リフォームローンは少し低めで、20~30%なら高確率で利用できると考えられるでしょう。 あくまでも返済負担率に限った話ですが、目安を参考に調整してから審査を受ければ完済の可能性は高いと評価されますし、そうなればリフォームローンの実現が近づきます。

勤務先や年収

勤務先や年収は収入を評価する為の項目で、毎月問題なく、安定して返済が行われるかどうか判断する為に設けられています。 勤務先は、地域や勤め先の会社によって年収の傾向が変わるので、審査における重要度は思いの外高いです。 都市部と地方では、平均年収にかなりの開きが見られますから、金融機関はこういうところを逃さずに評価します。 年収は返済能力を測る大きな指標なので、金融機関の実に約96%が審査において重視しているといわれています。

同じくらい重要とされているのは、安定した仕事ができているか知る為の勤続年数。 勤続年数が短ければ、1つの仕事が続けられない人、職を転々とする人と評価されてしまいがちです。 リフォームローンの審査に必要な勤続年数の目安は1年で、最低でもこのくらいの実績は欲しいものです。 勿論、1年以上から更に2年3年と勤続年数の実績があれば、この項目における審査の心配はなくなるでしょう。 5年や10年以上ともなれば、金融機関は返済の不安を感じずに済むので、融資に対して前向きになるはずです。

ちなみに年収は、150万円以上がリフォームローンの利用に必要な最低ライン。 厳密にいえば、これらの基準は金融機関によって異なるので、必ずしも各項目の最低ラインを超えていればOKになるとは限らないので注意です。 雇用形態の審査の重要度は相対的に下がりますが、それでも評価されることは珍しくありませんから念の為、評価が行われる可能性を頭に入れておきましょう。

他社での借入状況

他社での借入状況は、新たにリフォームローンの返済が増えても滞りなく完済が目指せるか、その評価に繋がる審査基準です。 借入件数が多くなると、毎月の返済総額が増えて負担になりますし、何より返済計画の把握や管理のハードルが上がります。 数件程度でいずれも少額なら問題はないでしょうが、返済期間が長かったり、月々の返済額が大きい借入はリフォームローンの返済に影響する懸念が出てきます。 金融機関としては、少しでも返済や完済に関する不安材料の払拭を行い、融資の可否を決めようとします。 その為、他社での借入状況が調べられたり、状況に合わせて信用が評価されてしまうのは仕方がないことといえます。 他社での借入状況や返済の履歴を審査基準にしている金融機関は、全体の63%程度に留まります。 金融機関の3分の1くらいはそれほど重視していない項目ですが、過半数は審査基準に取り入れているので、他社での借入状況が調べられても大丈夫なように備えましょう。 家族構成や居住状況が調べられることもありますから、どの項目を見られ評価されても問題がないよう、隙なく準備をして審査を受けることが大切です。

リフォームローンの審査に通りやすい人・通りにくい人

審査に通りやすい人

リフォームローンの審査に通りやすい人は、年齢が若く20代後半~30代前半くらいで、他社での借入が少ないか全くなく、返済負担率が低い人。 また、勤務先の雇用が安定していて勤続年数が1年以上と長く、年収が200万円300万円とより余裕があることも当てはまります。 年収150万円は、リフォームローンにおいて融資の目安ですが、最低ラインを200万円以上に設定している金融機関もありますから、年収は多ければ多いほど良いです。 万全を期して審査を受けるなら、勤続年数も1年以上とはいわず、2年や3年以上になってから審査を申込むのが賢明です。 他社で過去に借入をして完済が済んでいれば、それが返済能力の証明や信用の材料となるでしょう。 現在進行系で借入中、返済中であっても、返済負担率が小さく経済的な余裕があれば、審査で落とされる不安はないです。 年収の大きさや安定性など、様々な評価基準があるのがリフォームローンの審査ですが、安定を重視する金融機関が多い傾向です。 アルバイトよりも正社員というように、中小企業より大手企業、民間企業より公務員といった雇用形態の方が審査に通りやすいわけです。 大手や公務員が有利なのは、社会経済が不安定になっても雇用が維持されたり、収入が下がりにくいからです。

審査に通りにくい人

リフォームローンで審査に通りにくい人は、審査に通りやすい人の逆の傾向で、年齢が高かったり他社での借入があり、返済負担率が大きいなどです。 40代なら収入に余裕が生まれるので、一見すると問題なくリフォームローンが借りられそうですが、実際は借入状況や返済負担率によります。 加えて、勤続年数が少なく1年に満たない人だと、リフォームローンの審査に通るのは困難でしょう。 金融機関の審査では、スコアリングという手法を用いて融資の可否が決められています。 勤続年数の短さは、このスコアリングのスコアを大きく下げてしまうので、審査に通る可能性が大幅になくなります。 返済負担率の大き過ぎも同じく、スコアを引き下げる要因になるので気をつけましょう。 企業に雇用されていないいわゆる自営業の人は、年収の安定性が疑われるので、審査は必然的に厳しくなります。 審査基準は全体的に上がりますし、近年の収入が安定傾向にあっても、審査すら認めず行わない金融機関も存在するほどです。 余程、年収が大きく収入が安定していなければ、自営業でリフォームローンの審査を通るのは難しいでしょう。 複数の金融機関の借入自体は問題になりにくいですが、同時に複数の審査申込みを行う場合は別です。 過去の借入の滞納や破産といった経歴も、融資のリスクになるので審査に通りにくいです。

リフォームローンの審査の流れ

申込み

リフォームローン審査の流れは、融資を希望する人が金融機関を選び、申込みを行って審査を受けることになります。 申込み方法は金融機関によって違いますが、近年はWEBで24時間何時でも審査を申込めるケースが多いです。 WEB窓口での手続きはいわゆる仮審査なので、本番に進む為の前段階にあたります。 申込みに必要なのは氏名や連絡先に住所といった本人情報に、申込みに必要な銀行などの情報です。 会社や職種というような勤務先の情報も必要ですから、各項目を入力して、間違いないことを確認してから送信を行いましょう。 間違いや嘘があると、審査が行われなかったり信用が疑われてしまうので、必ず1回で問題なく審査が受けられる心掛けが肝心です。 仮審査に通って結果が出ると、メールや電話などで結果の通知と本審査の案内があります。

必要書類提出

本審査では各種書類の提出が不可欠ですから、指定された通りの書類を用意して必要書類提出を済ませましょう。

必要書類にあたるのは、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と、源泉徴収票や確定申告書といった収入証明書類、そして見積書などの資金使途確認資料です。 本人確認書類にはマイナンバー、パスポートが使えることもあるので、事前に使える書類を確認したり用意しておくと楽です。 収入証明書類は住民税決定通知書、課税証明書や納税証明書も有効ですから、手元にあったり用意しやすいものを揃えておきましょう。 資金使途確認資料はリフォームローン審査の場合だと、住宅リフォームの見積書が該当します。 ローンの利用には使途が必要ですが、提出書類に見積書があると説得力が増します。

勤務先への在籍確認

必要書類提出が済んで本審査が始まったら、次は勤務先への在籍確認です。 在籍確認は申込み者が勤務先に勤めているか、本当に在籍しているか確認する為のものです。 在籍確認の方法は電話が主流で、金融機関名を告げずに個人名だけで申込み者宛の電話が行われます。 名前の人物はいるか、特に詳しい用件は伝えずに呼び出されるので、リフォームローン審査の申込みが周囲に知られる心配はないです。 本人が電話に出た場合、相手は金融機関名や担当者名を添えて、在籍確認が完了したことを告げるでしょう。 本人以外の人が電話に出たら、申込み者の呼び出しと引き継ぎが行われ、本人がその場にいれば在籍確認は完了です。 もし、離席や外出中で電話に出られない時は、後日改めて勤務先への在籍確認が試みられます。 電話に出た人が本人の離席などを伝えれば、金融機関の担当者は申込み者を実在の人物と考え、納得して在籍確認が済んだものと扱います。 本人が出なければ認めないという金融機関もあり得ますが、大抵は本人以外の人からでも在籍の確認が取れればOKです。 同日に複数回電話が行われることもありますが、午後や夕方の電話で在籍の確認が取れなければ、2回目の電話は翌営業日以降となるでしょう。 何度繰り返しても在籍が確認できないと、審査が停止したり取り消されることもあるので要注意です。 営業職などで1日の大半を離席していたり、勤務先が個人情報保護の観点で社外に従業員の在籍を教えないなら、金融機関に相談して在席する時間に電話を掛けてもらいます。 それでも電話に出るのが難しい場合は、勤務先に相談して金融機関からの電話に出てもらったり、在籍を証明してもらう必要が出てきます。 リフォームローンの審査では、必要書類提出と同様に勤務先への在籍確認が避けられないので、その点を理解しておくことが大事です。

審査結果

仮審査の申込みと必要書類提出、勤務先への在籍確認まで済んだら、いよいよ審査結果の可否が伝えられます。 本審査の結果が届いたら、リフォームローンの本契約に入り、手続きが完了次第融資が行われることになります。 本契約はWEBの他に、郵送や実店舗の窓口で進められますが、どの方法が選べるかは金融機関次第です。 それと、借入先の口座を持っていない場合は、開設をする為に窓口に足を運ぶ必要があります。 リフォームローンで融資の可否を判断する審査そのものは、必要書類提出と勤務先への在籍確認の間に進められます。 具体的なタイミングや内容は基本的に非公開なので分かりませんが、提出された書類や信用情報に目を通したり、審査基準に照らし合わされるのは確かでしょう。 基準は金融機関ごとに独自に設けられているので、非公開でブラックボックスなのは仕方がありませんし、どこでも同じ条件で借りられると限らないのも当然です。 本当に審査に通りにくい人は、仮審査の時点で融資否決の結果が出ます。 逆にいうと、仮審査に通って必要書類提出が求められれば、リフォームローン実現の可能性は高まり、融資に期待が持てます。 勤務先への在籍確認まで進めば、ほぼ融資が確定したも同然ですから、後はしっかりと在籍確認を済ませて審査結果が出るのを待つだけです。 融資はお互いの信用が第一ですから、信用を獲得するつもりで手続きを始めたり、書類の提出などに取り組むことが終始求められるポイントとなります。

まとめ

リフォームローンの審査は、年齢や返済負担率を始めとして、勤務先や年収に他社での借入状況も評価されます。 基準はどの金融機関も公開していませんが、年収や返済負担率は多くの金融機関が重視している審査基準です。 借入状況も審査の際に評価されますが、何社から借入れているかよりも、毎月の返済額や返済負担率の方が重視されます。 現在、どこからも借入がないとしても、過去の借入状況や審査の申込み次第で融資の可否が大きく左右されるでしょう。 滞納や破産の事実があると、金融機関は返済能力に疑問を感じたり、返済のリスクを警戒するようになります。

それから同時、あるいは短期間に複数社のリフォームローン申込みを行うと、多重債務の恐れがあるとして審査の厳しさが増します。 この為、リフォームローン申込みは1社に留め、基本的な手順通りに申込みをして審査を受けることが原則です。 リフォームローンには審査に通りやすい人、通りにくい人がいますが、その違いは返済能力や信用によります。 審査基準を1つずつ確認して、基準を満たす準備を済ませておけば、審査落ちに遭遇する可能性はかなり抑えられます。 年齢や過去の返済履歴など努力で変えられないものもありますが、早めに審査基準の要点や重要性を理解すると、リフォームローンの審査落ちしやすい状況は避けられます。

お問い合わせ

関連する記事

COPYRIGHTING ©株式会社喜創 ALL RIGHTS RESERVED.

0120-833-838
9:00~18:00(定休日:水曜日)