Co-fit

INTERIOR COORDINATORインテリアコーディネーター

中筋 恵子

Keiko Nakasuji
ナチュラル オーセンティックモダン 和洋折衷
資格インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
ナチュラル オーセンティックモダン 和洋折衷
生活空間職人

1986年よりハウスメーカー、建築士事務所にて、住宅のインテリアコーディネート、リフォーム、店舗デザインを手掛ける。子育て、転勤、海外生活等で都度休業するが、2016年より再びインテリアコーディネーターとして本格始動。お客様の話にしっかりと耳を傾け、お客様に寄り添う活動を心がけている。

請負件数・実績(主な案件)

・設計事務所でのインテリアデザイン業務:二子玉川 蒜(Su-an)1号店、2号店 他
・住宅メーカー所属時のインテリアコーディネート業務:約200件以上
・リフォーム業務:約50件以上

01

Co-fitコーディネーターとしてどんな暮らしにフィットする?

「暮らしのすっきり」にフィット
生活動線のすっきり、家事動線のすっきり、収納のすっきり、暮らしのすっきりにフィットしていきます。暮らしのお悩みがすっきりすると、新しい余裕と人生デザインが生まれます。

02

普段フリーのインテリアコーディネーターとして活動されていることは?

現在はフリーのコーディネーターとして、新築マンション設計変更や、造作家具の提案、カーテンのコーディネート業務をしています。
現在ウインドウ・トリートメント(カーテン装飾)は比較的得意としています。

03

インテリアコーディネーターになったきっかけは?

子供の頃から絵を描くのが好きでした。一緒に暮らしていた祖父や叔父が「経師屋」で、その仕事ぶりを見て育ったため、職人さんたちが身近にいる暮らしをしてきました。物を作る手仕事が好きでした。
美術学校短大の工芸課卒業後、企業の事務職をしていましたが、何か物足りなさを感じていたころにインテリアコーディネーター資格が出来た時、これは私の仕事だと思いました。住宅メーカーに転職し、夜間学校に通いインテリアコーディネーターの資格をとりました。

04

インテリアコーディネーターとしての人生観とは?

住宅は大切な人達と過ごす大切な場所です。でも現実は夢ばかりではありません。毎日様々な事が訪れます。それでも、少しの知恵と知識と工夫で、大切な場所はかけがえのない場所になります。そのかけがえのない場所作りをお客様と一緒に作り出していく、そんなお手伝いをしていきたいと思っています。