トピックス

お部屋の印象が劇的に変わる意外なインテリアアイテム

こんにちは。

木津川市・工務店 喜創のCo-fitモニターコーディネーター・香取美智子です。Co-fitとは、あなたのこだわりと個性にフィットする、喜創の新しい家づくりのブランドです。

私は、「インテリアプロデューサー」「空間収納デザイナー」「北欧ライフスタイルデザイナー」として活動中です。喜創では「インテリアコーディネーターと創る家」のモニターを募集していますので、新築を建てたいと思っている方、興味のある方はぜひこちらをご覧くださいね。

https://kisou.net/co-fit

インテリアは部屋をおしゃれにするためのものと思っている方は、きっと多いと思います。

私はおしゃれである前に、インテリアを工夫することでお部屋だけでなく、暮らしの悩みを解決することを大事に考えています。

今回は、お部屋の中でも一番目につきやすく、相当大きな面積を占める「カーテン」について。
新築で家を建てるなら、家中の窓という窓に、カーテンの色やデザインを決める必要があります。

実はカーテンはお部屋の印象を大きく左右することをご存知でしたか?

今日は、カーテンをどう選んでいったらいいのか?
私が手がけたインテリアプロデュースの事例をもとにお話しさせていただきます。

カーテンは、無難なものでいい?

みなさんは、自分のおうちのカーテンがすぐに思い浮かびますか?

「自分の家のカーテンがどんなだったか覚えていない」
とある友人に言われたときは、大きな衝撃を受けました。

新築した家のインテリアを考えるとき、まずは家具選びから始まり、カーテンが最後になってしまうケースは多いんです。

・どこでカーテンを選べばいいのか分からない
・何を選んでいいか分からない
・カーテンなんか、どれも同じ

といった声も。

どんなインテリアにも馴染むような無難なカーテンを選んだり、前のおうちで使っていたカーテンを寸足らずの状態でも、とりあえずそのまま使いまわしたり……。

そのため、「カーテンを選んだ」という感覚がなく、どんなカーテンだったか記憶から抜け落ちてしまうのかもしれません。

重要なのは「お部屋にどんな効果を与えたいか?」

窓周りはスイスのインテリアブランド『クリエイションバウマン』のシャープシェードスタイル。直線が強調されて、より部屋が広く見える効果があります。

カーテンは、常に目線の先にあるもの。
そのため、カーテンはお部屋の印象を大きく変える効果があります。

特に「色」の影響は大きいです。
この神戸・三宮のNさん宅のインテリアプロデュースでは、
都会的な明るい印象にしたいということで、グレーがかったアイボリーをチョイス。

この部屋はこうすることで、明るい印象になります。
真っ白にしないのは、実は真っ白は人に緊張を与えてしまう色だから。
模様のはっきりしない地模様を入っていて、お部屋がシャープになりすぎず、
モダンでありながらも柔らかな印象になります。

また、このお部屋は日当たりがよかったので、レースを使わず
ブラインドにしています。

ブラインドの羽の角度を変えることで、お部屋に入る光の量を調節することができるからです。

さらに。
ドレープ(手前の厚い布地)にバーをいれてシャープシェードにすることで、
ブラインドの羽の横のラインと合わせて、横のラインを強調しています。

こうすると、お部屋がより広く感じる視覚的効果が得られるからです。

カーテンを選ぶときには、
お部屋をどんな印象にしたいのか?
このお部屋でどんな気持ちになりたいのか?が出発点です。

開放的な感じ?ホテルライクな感じ?
一口に「ホテルライク」といっても、シンプルな都会的なホテルの感じ?
それとも、非日常的なラグジュアリーな感じでしょうか?

そのお部屋でどんな気持ちになりたいのか?
明るい気持ち?ほっとくつろぐ感じ?今日もがんばるぞ!と意欲がわく感じ?

私はこの部分を明確にするために、ヒアリングをもっとも大事にしています。
ここさえ明確になれば、私の方で、その効果と気持ちを得られるよう、自然と色とデザインが決まっていきます。

カーテンはアートにもなる

仕事をしているNさん。どうしてもストレスや緊張がつきものです。
この部屋に帰ってきたら、その緊張が自然と和らぐようにしたくて、
観葉植物を置きたかったのだけれど、忙しくて植物の世話をしている時間がとれない。

そこで、お部屋の一角に、カーテンに優しい色の植物模様を一枚のアートに見立てた
コーナーをつくりました。

ここは、読書をするための、ほっと一息つく、くつろぐためのスペース。
お気に入りの模様を中心にして、無地のグレーを両サイドにもってくることで、
シャープシェードが、まるで一枚のアート、背景になるように仕立てています。

カーテン選びを後悔しないコツ

カーテンは部屋の印象を大きく左右するだけでなく、
毎日、手に触れて開けたり閉めたりするもの。
だからこそ、その手触りも大切です。

以前、私がインテリアプロデュースをさせていただいたお客様は、新しいカーテンに触れて、その手触りの良さに「幸せな気持ちになる」と頬ずりされました。

それくらい、自分にとって「心地いい感触」というのは重要な要素なんです。

新築でカーテンを選ぶとき、時間がなくて、カタログの写真と小さなサンプルで決める方が結構多いのですが、ぜひカーテンのショールームで実際にかかっている様子をみて、触ってみていただきたいのです。


カーテンのショールームは何百アイテム、何千色というカーテンが、実際につられた状態で展示されています。

大きく広がった状態でカーテンを見ると、イメージも湧きやすく、
「イメージと違った!」などという後悔がおきにくくなります。

また、カーテンは「機能」もあります。
洗えるもの、熱を遮るもの、保温性のあるもの・・・多種多様です。

一見、同じ色でも、機能によって、見た目の印象や手触りが大きく変わります。

たくさんのカーテンを見ると、自分が本当に求めているものに出逢えます。

カーテン選びを後悔しないためにも、ショールームでたくさん見て・触ってみることをオススメします。

***香取美智子さんからのお知らせ***

【コンセプトインテリアアカデミー体験会】
お気に入り雑貨をセンスよく飾るディスプレイのコツ

これから、ハロウィンやクリスマスなどのイベントが増え、おこもり時間も多くなる季節。お気に入りの雑貨を飾って、気分良く、素敵な空間に変えてみませんか?
私にはセンスが無いから・・・とあきらめないでください。
少しの工夫で、素敵に飾るコツがあるんです。
北欧ライフスタイルデザイナー/インテリアプロデューサーの香取美智子が、北欧の一般家庭の事例写真をもとに私たちでもカンタンに取り入れられる方法をお伝えします。 ◆こんな方にオススメ ・雑貨やインテリアが好き ・お気に入りのモノがあるけど飾り方が分からない ・色々飾ってみるけれど、どうもいまひとつ… ・好きなモノをお部屋に飾って楽しみたい ・今年こそハロウィンやクリスマスグッズを素敵に飾りたい ・北欧のライフスタイルが好き! ◆こんな内容をお届けします ・バラバラなテイストのものをセンスよく見せるコツ ・コレクションを魅力的に飾るワザ ・ハロウィンやクリスマスなど、季節のディスプレイのポイント ◆日時 *どちらも同じ内容です。 ①10月25日(日)10時~11時30分 ②10月28日(水)21時~22時30分 ◆詳細・お申込(Peatixへリンク) https://cia202010.peatix.com/ ※※コンセプトインテリアアカデミーとは 香取美智子さん主宰・自宅を題材に、お部屋や暮らしの悩みをインテリアの工夫で自分で解決できるようになる講座です。

関連する記事

COPYRIGHTING ©株式会社喜創 ALL RIGHTS RESERVED.

0120-833-838
9:00~18:00(定休日:水曜日)