トピックス

子どものセンスを育むおもちゃ選び

こんにちは。

木津川市・工務店 喜創のCo-fitコーディネーター・香取美智子です。Co-fitとは、あなたのこだわりと個性にフィットする、喜創の新しい家づくりのブランドです。

私は、「インテリアプロデューサー」「空間収納デザイナー」「北欧ライフスタイルデザイナー」として活動中です。

インテリアでお部屋のお悩みを解決し、心地よく過ごせる空間を提案することをモットーに、これまで1,500件以上の個人邸や企画物件に携わってきました。

喜創では「インテリアコーディネーターと創る家」のモニターを担当させていただいています。新築をお考えの方や、興味のある方はぜひこちらをご覧くださいね。

https://kisou.net/co-fit/create/

せっかくおうちをつくるなら、素敵なお部屋にしたいですよね。

今回は、インテリアセンス抜群のパリのママがやっている、子どものおもちゃ遊びについてご紹介したいと思います。

パリジェンヌがオシャレで素敵なのはなぜ?

私がフランス・パリに取材で訪れた時のエピソードです。

みなさんは、「パリ」という街にどんなイメージをお持ちですか?
きっと、ファッションやインテリアセンスが素敵!と憧れている方も多いと思います。

ファッション誌のパリの街角で撮ったスナップも、何気ないアイテムのはずなのに「なんて素敵なの!」と思わず声を上げてしまうような女性がいっぱい掲載されています。

パリジェンヌたちはどうしてあんなにセンスがいいのでしょう?

実は、彼女たちのインテリアセンスは、子どもの頃から遊びの中で育まれているのです。

ここが違う!日本とパリのおままごと遊び

みなさんは、小さいとき何をして遊んでいましたか?

女の子のおもちゃ遊びの代表格といえば、「おままごと遊び」でしょうか。

日本の子どもたちは、どんなふうにおままごとをして遊んでいるのかというと、人形やプラスチック製のおもちゃを使って
「お着替えしましょうね」
「ごはんができましたよ」
など、お母さんの真似ごとをして遊ぶことが多いと思います。

実は、何気ない遊びのように思えますが、
「女性はおうちの中で家事や子育てをするもの」
と小さいうちから教育され、そういった考えを植え付けていることになるんですよね。

では、パリではどうでしょうか。

私がパリのあるマダム宅を訪問したときのことです。

「パリジェンヌはどうしてインテリアセンスがいいの?」と質問したところ、驚くべき答えが返ってきました。

子どもが小学校へ通うようになったとき、学校から
「クリエイティブな遊びを子どもにさせてください」
と学校の先生に言われているのよ、と。

クリエイティブな遊びとは一体どんな遊びですか?
マダムにさらにお伺いしたところ

 

「おままごと遊び」

 

という返事が返ってきました。

ちょっと驚きませんか?

まず、おままごと遊びがクリエイティブで
さらに、小学生になっておままごと遊び?本当に?
というのが、その時の私の正直な印象でした。

インテリアセンスを養うにはおままごと遊びが最適
という考えが、最初は理解できなくて。

なぜなら、私自身、日本的な「おままごと遊び」しか知らなかったので、マダムのお話が腑に落ちなかったのです。

まるでインテリアショップのようなパリのおもちゃ屋さん

頭の中がクエスチョンマークでいっぱいのまま、パリのおもちゃ屋さんに行ってみたところ、そこに答えがありました。

これがパリのとあるおもちゃ屋さんの正面部分。店構えから、子ども向けのおもちゃ屋さんとは思えないほど、大人っぽくて素敵でしょう?

中に入ると、日本のように出来上がった完成品ではなく、細かなパーツがたくさんあって、自分で組み合わせて楽しんで作るおもちゃが目につきます。

奥に進むと、こんなコーナーがありました。

家具や食器、壁紙など、本物さながらのミニチュアが並んでいるではありませんか!

色やデザインも種類が豊富で、見ているだけでも楽しくなります。

椅子はちゃんと木や布を使っており、プラスチックでできたものは一つもありません。食器もちゃんと陶器でできているので、お値段はそれ相応です。

センスを育むおままごと遊びとは!?

そのショーウィンドウの前で、小学生高学年と思われる女の子が1時間くらいおもちゃを見つめていました。

「高価だから買えないのかな」と思いながら様子を見ていると、しばらくしてお母さんと思われる女性を女の子が連れてきました。

女の子はお母さんに
「私はこれとこれとを組み合わせたいと思っているんだけど、どう思う?」
「壁紙はこの模様を合わせたらいいかしら」とお母さんにインテリアコーディネートを相談していたのです!

お母さんも子どもの意見を聞きながら、
「それでは予算が足りなくなるから、今回は絞りましょう」とか
「この壁紙の方がお部屋のイメージに合うから、こっちの方がいいんじゃない?」とか、いろいろなアドバイスをしているではありませんか。

本当にびっくりしました!!!

そのやりとりはまさにインテリアコーディネーターの仕事と同じだったからです。

インテリアコーディネーターも、彼女のおもちゃ選びと同じように、時間をかけて理想のお部屋を作っていきます。

「おままごとはクリエイティブな遊び」ってこういうことだったのね
と大いに納得しました。

なるほど、これなら遊びがインテリアのセンスアップにつながるはずです。

同じおままごと遊びでも、
・家事の真似ごとをするのか
・自分の思い描くインテリアづくりをするのか
子どもが体験することが変われば、自然と培われるものも変わってきます。

彼女のおもちゃ選びは、将来のマイホーム計画にどれほど参考になるでしょうか。

フランスのように、センスがいいといわれている国では、
「自分は何が好きか?」
「自分はどんなものがいいと感じるのか?」
を大切に育み、幼い頃から「自分」の「個性」を意識し、磨く機会を与えています。

センスは大人から子に伝えていくもの

日本の場合、「人と同じ」「目立たない」ことを良しとして教育されてきているので、「自分の良さとか個性がよく分からない」というお悩みが、私の元にお客様から多く寄せられます。

だから、いざ何かモノを買おうと思っても、選ぶ基準が
・流行っているから
・無難だから
・みんながいいと言っているモノだから
になってしまいがちです。

そして、どこかで見たインテリアとかファッションが出来上がっていってしまう……。

 

まずは、親自身が「何が好き」で「何を心地よいと感じるのか」―暮らしの軸を持つことで、子どもの「個性」や「センス」を育てていくこともできるのです。

お部屋の悩みを解決し、暮らしのセンスを磨きたい方はこちらの講座でお教えしています。

 

******** Co-fitからのお知らせ ********  

【新企画スタート】

▶︎Co-fit オンライン無料相談会 

「インテリアコーディネーターと創る家相談会」

毎月相談日に、あなたのお悩みにお答えします。

9月12日(土)

10時〜、11時〜、14時〜、15時〜(30分ずつ・予約制)

担当:Co-fitコーディネーター田中カオル

詳しくは、Co-fitフェイスブックをご確認ください。

お申し込みはこちらから

 

▶︎まったりCo-fit21

開催日:毎月第4金曜日の夜9時〜

3人のインテリアコーディネーターと語り合えるオンラインイベント

9月25日(金)21:00〜

ファシリテーター:Co-fitコーディネーター田中カオル

サポーター:Co-fitコーディネーター大西美智子

      Co-fitコーディネーター尾野実奈子

詳しくは、Co-fitフェイスブックをご確認ください。

お申し込みはこちらから

 

▶︎Co-fitチャンネル」

毎月1日に新動画公開! 

第1回 Co-fitコーディネーター大西美智子さんのお宅訪問!

第2回 Co-fitコーディネーター田中カオルさんのお宅訪問!

 

【モニター募集】

Co-fitコーディネーター 香取美智子さんと創る家

【お問い合わせ】

お問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

*** 香取美智子からオンライン体験会のお知らせ ***

☆コンセプトインテリアアカデミー体験会(オンライン)

【費用ゼロ!買い足しゼロでできる お部屋の印象が劇的に変わる3つのポイント】

・9月6日(日)10:00~11:30

詳細・お申し込みはこちらから

関連する記事

COPYRIGHTING ©株式会社喜創 ALL RIGHTS RESERVED.

0120-833-838
9:00~18:00(定休日:水曜日)