トピックス

イベント

「喜創×インテリアコーディネーターと創る家」の講師・香取美智子さんにインタビュー②

こんにちは!喜創のブログをご覧いただき、ありがとうございます! 9月29日(日)に開催するインテリアコーディネーターとコラボしたセミナー&ワークショップ「インテリアコーディネーターがおしえる居心地の良い空間創り」の講師をお願いしている香取美智子さんのインタビューの後編です! ・インテリアコーディネーターというお仕事のやりがい ・北欧の暮らしについて など 興味深い話題がいっぱいです!ぜひ、読んでみてくださいね。  

北欧のインテリアを得意とされているそうですが、北欧の暮らしに魅力を感じられているのでしょうか。

私は北欧インテリアを推しているわけではないんです。現地を毎年取材するようになって56年経ちましたが、一番衝撃を受けたのは、どの家に行っても血の通った温かみのある美しさがあること。デザインを見ただけで、その人が何を大切にして生きているのか分かるんです。日本人は几帳面だから何でも完璧を目指すようなところがありますよね。料理もできて、子どもは感性豊かに育ててみたいな(笑)。北欧スウェーデンにはlagom(ラーゴム)」というスピリットがあります。日本語に訳すと「ちょうど良く、ほどほどに」という意味です。物を持つ量、人との付き合い方、時間の使い方など、すべてちょうど良く、ほどほどにという考え方で、だから料理も子育ても完璧を目指さない。ちょうどいい力の抜き加減が、その家を訪れる人の心まで和ませてくれます。北欧は冬がとても長くて、夕方の3時には真っ暗なんです。日本の梅雨の曇天が45か月続くイメージでしょうか。だからこそ、インテリアも心地良さを重視します。「インテリアは心地良くあるべき」「デザインは問題解決の手段」というのが北欧の考え方。暮らしの困りごとを解決するのが良いデザインというわけです。

ほかのインテリアコーディネーターさんと香取さんの違いはなんでしょうか。

ほかのインテリアコーディネーターさんは“おしゃれ”を目指していることがほとんどです。私は手掛けたお家を作品とは呼びません。お客さまの住まいであって、私の作品ではないからです。お客さまの悩みや希望を聞いて、設計士さんや職人さんに伝える通訳のような存在なので、これまで手掛けたインテリアも様々なスタイルがあります。あくまでもお客さまが持っているセンスを引き出しているだけ。ちゃんとしかるべき手順を踏めば、センスは開花するので、私はどなたにもセンスはあると思っています。

このお仕事でやりがいを感じるのはどんなときですか?

「こんな方法があるなんて知らなかった!お願いしてよかった」とか「毎日家に帰るのが楽しみ」というお喜びの言葉をいただいたときでしょうか。提案書を出して終わりというコーディネーターもいますが、私は居心地を何より重要視しているので、必要があればお客さまにショールームでご確認いただいたり、カーテンのサンプルを実際にかけてしばらく過ごしていただいたり、体感することを大切にしています。私は「これがいいですよ」とは言いません。「こういったデザインだと部屋が広く見えますよ」など、メリット・デメリットはご説明しますが、選ぶのはあくまでもお客さま自身。自分で選んで、自分で決めたという達成感を持っていただくようにしています。そうするとお客さまは自分で選んだインテリアに愛着を持つようになるんです。

 喜創×インテリアコーディネーターと建てる家のモニターさんとは、どんなふうに家づくりをしていきたいと思われますか?

自分の暮らしを大切にしていて、自分の暮らしをより良くしたいと思いに前向きな方、私の考え方に共感していただける方に応募していただきたいですね。家づくりは決めることがたくさんあります。ただ単に「分かりません」「お任せします」ではなく、「考えてみてこう感じるけれども、私では判断できないので相談に乗ってほしい」というやりとりができる方と家づくりをしたいと思っています。逆に細部にこだわりすぎる方も向いていないかもしれません。細かな部分にこだわられると、お客さまの指示に従うしかなくなってしまいます。そうすると結果的に満足のいく家づくりはできません。「プロに全部お任せしたい」「何もかもすべてこだわりがあり譲れない」という方は、家づくりには向かないと思います。「一緒に創っていこう」という考え方をお持ちの方にモニターになっていただきたいですね。 929日(日)のセミナー、あなたの夢・理想をリアルにする『インテリアコーディネーターと創る家』では、はじめてでも一度で満足のいく家づくりの秘訣をお話しします。「こんなはずじゃなかった」とお部屋や暮らしにお悩みをお持ちの方のご来場をお待ちしています。   以下は、インテリアプロデューサー香取美智子さんのブログです。

 香取美智子さんのブログはこちら「ふしぎと夢が叶う人のインテリア―北欧と日本、ときどきパリ」

関連する記事

COPYRIGHTING ©株式会社喜創 ALL RIGHTS RESERVED.

0120-833-838
9:00~18:00(定休日:水曜日)